朝の体操

電話代行サービスのCUBEでは、滑舌を良くするための練習法として、ホームページに早口言葉を掲載しています。いくつかを紹介しましょう。
まずは準備運動がわりの初級編です。「マサチューセッツ州」「東京特許許可局」。続いて中級編です。「魔術師魔術修業中」「骨粗鬆症訴訟勝訴」。
最後に上級編です。初見で噛まずに言える人は、かなり滑舌の良い人ではないでしょうか。「新進シャンソン歌手総出演新春シャンソンショーー」「肩固かったから買った肩叩き機肩叩きにくかった」。
同社では、「自分の苦手な発音を発見し、克服するために、早口言葉を練習してみてください」と勧めています。
早口言葉は、日頃の滑舌を良くするだけではなく、老化防止や集中力向上につながり、唾液の分泌を促すなどの効用もあるといわれます。高齢者のレクリエーションや介護の現場などで取り入れられることもあるようです。
朝一番の口の体操として取り組んでみても面白いでしょう。

今日の心がけ◆滑舌の向上に取り組んでみましょう

カテゴリー: 職場の教養

«  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA