手紙が紡ぐ夫婦関係

サプリメントの販売業を営んでいるA子さんは、昨年八月、知人の誘いで倫理法人会に入会しました。その後、富士教育センターで開催されている「経営者倫理セミナー」を受講しました。
セミナーの中で、屋外で静坐(せいざ)をする実習がありました。静坐をする場所までは、素足で林間の砂利道を歩いていきます。A子さんは、約百名の受講者の先頭を歩くことになりました。
季節は二月。身も凍るような寒さの中、足裏から冷たさと痛みが伝わってきます。A子さんは、慣れない素足で歩くのは嫌だなと思いながら歩き始めました。
下を見ながら、少しでも痛くなさそうな道を選んで歩いていると、講師の声が聞こえてきました。
「道を選んでいませんか。足の痛みは、知らず知らずのうちに、身近な人に与えてきた痛みと感じてください。その痛みを受け入れてください」
その言葉を聞いて、A子さんは〈本当にそうだ、自分はいつも楽な道ばかりを選んできたな〉と振り返りました。そして、〈この痛みを受け入れよう〉と覚悟を決めて歩くうちに、夫の顔が浮かんできたのです。
実はA子さんは、夫婦関係に問題を抱えていました。夫とは、会話や挨拶すら交わさない状態が長く続いていました。このセミナーが終わったら、離婚を告げようと心に決めていたのです。
〈私も知らず知らずのうちに、夫を傷つけていたのだろうか…。今まで痛みに気づいてあげられなくてごめんなさい〉
素足で、一歩ずつ大地を踏みしめるたびに、申し訳なかったという思いが込み上げました。そして、その日の夜、夫に宛てた手紙を書いたのです。
セミナーが終了し、A子さんは自宅に戻りました。夫婦の冷たい空気は変わりません。翌朝の出勤前、思い切って夫に声をかけ、夫への手紙を読み上げました。
「これまで私は、心の中であなたを責めていました。でも、嫌な思いをさせてきたのは、私の方だったのかもしれません。ごめんなさい。こんな私を受け入れてくれてありがとう。あなたの優しさに気づける妻になりたいです」
手紙を読み終えると、A子さんは「いってらっしゃい」と、夫を抱きしめたのです。夫は逃げるように出勤しましたが、A子さんの心には清々しさがありました。
その日の夜、食事の準備をしていると、「今朝は驚いた。けれど嬉しかったよ」と、夫から話しかけてきました。そして、「今日は久しぶりに気持ちよく仕事ができた。これからもよろしくね」と、優しく抱きしめてくれたのです。A子さんはただ涙が溢れました。                                                                                                 「書く」という行為には、感情を整理する作用があります。セミナーという非日常の場で得た気づきは、手紙を書くことを通じて、自分たち夫婦の関係を深く見つめることにつながり、自ら歩み寄る勇気をもたらしてくれました。
その後、夫婦の関係は修復され、今も仲睦まじく暮らしています。

心を整理す

日課や決まった手順を意味する言葉に、「ルーティン」が
あります。昨年のラグビーワールドカップで活躍した五郎丸歩選手の一連の動作は、キックの精度を高めるために生み出されたルーティンです。重要な局面において、力を発揮できるように心を整える、五郎丸選手オリジナルの精神統一法といえるでしょう。
ある経営者の体験談です。Sさんは、几帳面で大のきれい好きです。道端にタバコの吸殻や空き缶が落ちていると、拾って、会社まで持ち帰ることが習慣になっていました。
職場でも常に清掃や整理整頓を心がけています。特に意識したのは、共有の場ではトイレ、洗面所などの水周り、身近なところではパソコン、デスクの引き出し、かばん、ゴミ箱の中でした。Sさんにとって、清掃や整理整頓は、次の仕事に向けて、心を整えるルーティンだったのです。
一昨年の夏頃から、Sさんの会社は業績が上向き始めました。忙

しさが増す一方、Sさんは仕事を部下に任せることができず、自分の力を頼りに仕事を抱え込むようになりました。これまでの習慣だった整理整頓をする余裕もなく、Sさんの周辺には、次第に不要なものが溜まってきたのでした。
その頃から、職場や家庭で異変が起き始めたのです。自社製品へのクレーム、社員の交通事故、子供の不登校……。立て続けにやってくるトラブルの対処にとても困ったSさんは、初めて倫理指導を受けました。
事情を話すと、「忙しさを理由に、これまで大切にしていたことを疎かにしていませんか。また、周りを信じず、自分の力ですべてを解決しようとしていませんか」と問われたのです。
Sさんはハッとしました。これまで行なってきた清掃や整理整頓は、忙しくなると、いとも簡単に止めてしまうような、上辺だけの実践であったこと、そして〈今がチャンス〉とばかりに仕事を抱え込み、部下に任せられなかったこ

とは図星だったからです。
ルーティンはむしろ、忙しく、心に余裕がない時ほど必要だったのです。この日を境に、Sさんは、仕事を溜め込まず、部下を信じて任せることを心に決めました。また、日に一度は、清掃や整理整頓することを決意しました。
「決心したその時から、肩の力が抜け、何か憑きモノが取れたような感じがします。無理やり背伸びをしていた自分とサヨナラすることができました」と、Sさんは後に語っています。
Sさんが心と行動の実践を始めて三カ月、社内には以前の清々しい雰囲気が戻ってきました。そして、職場や家庭での問題事が目に見えてなくなってきたのでした。
物の整理は心の整理といわれます。また、清掃や整理整頓は、次のスタートを気持ちよく切るきっかけにもなります。
どのような局面でも百パーセントの力を発揮できるよう、物を整えることから、自分の心の整理にもつなげていきたいものです。

太陽に照らされて世界が光り輝く

年賀状とは不思議なものです。普段は「お元気ですか」や「ありがとうございます」など、心身の確認や御礼・挨拶として出すことはあっても、「明けましておめでとうございます」とは、何事もなく明けるのを予期しているようではありませんか。

一分一秒先でも、何が起こるかはわかりません。だからこそ、まだ起こってもいない事柄を先に想像して期待を抱くのです。その一つが「年賀状」だといえるでしょう。

企業の計画も同様です。経営計画を始めとする様々な計画は、立案者たる経営者次第です。自分次第とはいうものの、予測は周囲の環境や社内の実情が見えなくては立てられません。計画は不確定な見通しへの光です。

自社の未来を一〇〇年計画に落とし込み、光で照らそうとする建築会社が奈良県にあります。二〇〇六年の専務時代に一〇〇年計画を立てたY氏は、現在、後継二年目を迎える三十歳代の社長です。立案したものの二〇〇六年から赤字は続いていきます。二〇〇七年、社として21期目を迎えた年には、会社を畳むかどうかの決断を当時の社長である父親と膝詰めで話をしました。

やり抜こうと計画を立て、前向きに始めたものの、公共工事などの見直しが入り、思いとは裏腹に赤字から脱却することはありませんでした。さらにY氏が経営の勉強を始めて会社の組織化を目指してからは、経験を元に経営を進めていた社長とぶつかりました。しかし後継の過程で親子仲も良くなり、二〇一二年に自身が社長となって以降、トンネルから抜けることができたのです。8%利益が上がり、計画の推移も年間通して予定通りに進めることができました。上昇の要因には、綿密なスケジュール管理や社長の率先垂範がありました。スケジュール管理は、仕事以外の事柄もカレンダーに書き込み、事務所内で誰にでも見えるようにしました。

率先垂範の形として、できるかぎり自分自身が現場に立ちました。職人の講習会があれば、自身が出る必要はないのに、「励ましに行く」といって参加。また、職人が使うトイレを朝の五時前には出社して掃除しました。Y氏が一心に願ったのは〈働く皆が心地よく休めますように…〉だったのです。

社長のその姿を見て、常時ニッカポッカ姿で会社と家を往復していた職人たちが、社のロッカーで着替えをするようになりました。目標達成の裏には、技術とマナーの両面で磨きをかける職人の姿があったのです。

Y氏は「計画を立てる際は、○○がこうなってくれたらいいと念じます」と語ります。そして、日々の楽しみを「良くなっていくスピードは少しずつ変わるが、些細な変化が大切にできるようになりました」と話します。

計画通りに進むから、喜びがあるのではなく、喜び、楽しむから計画通りに進んでいくのです。些細な変化こそが経営者として目の向けどころです。自らの手で前向きに気持ちを進めるからこそ、新たな道は生まれます。倫理経営のポイントの一つは「心が先行する」です。身近な心がけと計画で、周囲を太陽の如く照らしていきたいものです。